ミステリー!?評論家・西部邁の不審な自殺、MXテレビ関係者逮捕!





保守系論客として活躍した評論家の西部邁氏が、2018年1月21日、多摩川で入水自殺した状態で発見された。

以前から親しい人には自殺を示唆して、著書でも自殺により自らの人生を終わらせると記していた西部氏だったが、自殺体で発見される数時間前までは、親族と飲食をするなど不審な点は全く無かったという。

しかし、発見された西部氏の遺体の口には小さな瓶のようなものが詰め込まれ、体には工事現場で使用されているハーネスがロープで括りつけられており、遺体は発見されやすいようにロープで岸辺の立ち木と結ばれていた。

一部では他殺説も囁かれたが、自殺ほう助の疑いで、警視庁は2018年4月5日夜、いずれも西部さんの知人であり、信奉者であった東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の子会社の男二人を逮捕した。

西部氏の長女は逮捕された二人に対して「申し訳ない」というコメントを出している。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『西部邁ゼミナールvol.18 東日本大震災に際して『西部邁ゼミナール』からのメッセージ(没落・衰運の文明論) [DVD]




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る