【実話怪談】「敵討ち」

土井さん(仮名)が中学生だった頃、80年代末頃の話らしい。土井さんが小学校から一緒だった親友が死んだ。原因はスピード違反のトラックに、轢かれたからであった。その遺体は、内臓がはみ出し、道路一面血だらけで悲惨な現場であったそうという。轢いたドライバーはそのまま逃走した。友人達は怒りに震えた。

「身勝手なスピード違反の車の運転手をゆるさねえ」
「絶対にみつけてやる」

ちょうどその日は、土井さんとその亡くなった親友と草野球をしようと誘った日であった。土井さんの友人は、自転車にグローブを積み 頭に野球帽をかぶり待ち合わせのグランドに行く途中にその悲劇に遭遇した。




「野球したかったよな、もっと遊びたかったよな」
「おい、目を覚ませよ、また一緒に野球やろうぜ」

急を聞いて現場に駆けつけた土井さんと野球仲間の4名は、悲し過ぎて怒りの矛先をどこに向けたらよいのか判らない。兎に角、一番頭にきたのは 轢いた犯人がそのまま逃げてしまったという事である。

「犯人だけは、絶対につかまえてやる」

土井さんと仲間は心に誓い、犯人に後悔させるために野球帽、自転車、グローブという扮装で事故現場で立ち続けた。

(犯人は絶対同じ現場を通るはずだ・・・)

土井さんたちにはそのような確信があった。仲間は7人集まったので、交代で現場に立ち続けた。すると段々と町の噂となり、ついに後悔の念に達した犯人が自首した。

後日、刑事さんが土井さんの自宅に来てこう言った。




「よくやったな−迫真の演技だったらしいな」
「いやーそうでもないです」

「おかげで犯人の奴はノイローゼ気味だよ」
「はあ−」

「よく血のりまでつかってやったな」
「血のり?」

「全身血だらけのかっこうで立ってたんだろう」
「いえ血のりまでは−」

「おかしいな・・・犯人は血だらけで立つ野球帽の少年を見て、怖くなって自首したらしいのだが」

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る