空から巨大な氷が降ってきた!ドライブレコーダーが捉えた衝撃の瞬間

空からあり得ないものが降ってくる現象、ファフロッキーズ)。昔から報告されているもので、魚や石が雨のように降ったり、中には血や肉が降ってきたという恐ろしいものも存在している。

そんなあり得ないものが降ってきた瞬間をロンドンの街中に停車していたタクシーのドライブレコーダーが捉えていた。

関連動画
Block of Ice Falls From Sky in West London






事件が発生したのは2月7日水曜日の朝。路上では清掃員が作業していたり、交差点を渡る人が映っている。だが次の瞬間、空から白く大きな物体が降ってきたのである。周囲には割れた氷の残骸が散乱し、大音響に驚いたのだろう、建物から人々がでてくる様子が映っている。

清掃員や道を横切った人とはさほど離れていない場所に、かなり大きな氷の塊が落下しているので、もう少し位置が違っていたら、早く落ちていたら被害が出ていたかもしれない。

そもそもこの氷はどこから来たのか。大雪の際に屋根に積もった雪の塊が落下すると下にいる人が衝撃で大怪我をすると言われているが、そもそもこの氷は道の上に落ちており、屋根などの氷が乗っていたであろうものが確認できない。




ではどこから、というと恐らく上空を通過した飛行機によるものではないかとされている。

撮影された場所はロンドンのヒースロー空港に近いキュー・ガーデンズ駅の近くであり、上空は飛行経路になっているため飛行機が行き交っているのだ。今回街中に落ちた氷はおよそ20kgになる巨大なものだったと見られている。

人的被害が出なかった事は幸いと言えるだろう。

(加藤史規 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©Storyful News YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る