アメリカ随一、幽霊屋敷「ウィンチェスター・ミステリーハウス」映画公開中!





アメリカ有数の心霊スポットの一つでもあり、異常な構造をしている事でも知られる邸宅が1884年に建設されたウィンチェスター・ハウスである。

この建物はウィンチェスター・ライフルを開発したウィンチェスター氏の邸宅であり、彼の死後は未亡人となった婦人が住んでいた。しかし、夫が作り上げたライフルによって殺された人の幽霊が屋敷に現れ異変を起こすようになったため、婦人は幽霊を惑わすべく壁につながるドアや窓を作ったり、使用できない不必要な部屋を作ったりした。

その結果、この屋敷には161の部屋、40の階段、10,000の窓、2,000の扉が存在する事になった。

関連動画
Winchester Teaser Trailer #1 (2017) | Movieclips Trailers






現在、アメリカではこの屋敷とその伝説を元にした映画が公開されているという。オスカーを受賞した女優、ヘレン・ミレン(Helen Mirren)がサラ・ウィンチェスター(Sarah Winchester)を演じる映画「ウィンチェスター」は2月2日にアメリカ国内で封切られた。

観客の評判も上々で、ウォルター・マグナソン(Walter Magnuson)ゼネラルマネージャーは「ウィンチェスターミステリーハウスの伝説は有名だが、この映画は屋敷の歴史やここで起きていた事を更に深く教えてくれるだろう」と語っている。

いずれは日本でもロードショーされるのだろうか・・・ぜひ、公開に期待したい。

(加藤史規 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©LIONSGATE CBS FILMS

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る