目まぐるしく変化するUFO!正体は「スペース・クリッター」!?

未確認飛行物体、UFOと言えば宇宙人の乗っている円盤形のものを想像しがちだ。90年代頃からは三角形のUFOが目撃されはじめるなど、近年では変わった形のUFOも目撃されるようになってきている。

だが、今回紹介するUFOは果たしてUFOと呼んでいいものかが不明な物体である。




撮影された場所はメキシコのグアダラハラである。雲一つ無い青空の下、奇妙な物体が浮いている事がこの動画からよくわかる。

UFOにありがちな、急加速や縦横無尽な動き方をする訳でもなく、ただ白く光る何かが浮いているだけのように思えるが、物体をズームしてみると異常さを確認できる。

その物体は全体が青白く、体を常に変形させており、身をくねらせて空中を泳ぐように動いているのだ。膨れた頭のような塊のあとを、細いしっぽないしは触手のように思える部分が揺らめきながら続いて動いていく。その姿はさながらクラゲか魚のようだ。

果たして、この飛行物体は何なのか?

海外のオカルト研究家もこれと類似した現象や生物は他にないと証言している。また、フェイクと仮定しても非常に滑らかな動きを見せており、何らかの仕掛けやCGを使ったとは思えない仕上がりになっている。風船か何かが飛ばされているようにも思えるが、その場合発光していたり変形することの説明がつかない。

そこで、このUFOに関してはむしろUMA、未確認生物の「スペース・クリッター」が該当するのではないかと言われている。スペース・クリッターはプラズマ生命体と言われており、普段は大気圏外に存在している。




ある程度なら物質を透過することができ、活動を停止するとゲル状ないしはゼラチン状の物質になると考えられている。もしかすると、この謎の飛行物体はスペース・クリッターの大気圏内での様子を捉えた貴重な動画なのかもしれない。

なお、このUFOに関しては、写真だけでなくぜひ動画の視聴もお勧めしたい。思った以上に活発に動く物体の様子が捉えられているからだ。

(文:飯山俊樹 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連動画
HDV 1527 MP4 2

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る