ビートたけしが語る松方弘樹、豪快すぎる食事風景!ステーキ屋で2000万円?

ビートたけしは、日本テレビ系列で放送されていた「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」などで俳優・松方弘樹と共演し、公私ともに仲良くなった。そのたけしが、松方の豪快な食事ぶりを披露している。

ある時、たけしが松方と一緒に飯を食いに行った。京都のステーキ屋だったが、総勢5人でなんと食事代が2000万円もかかってしまった。考えられない金額である。どんなに高い食事をしても普通は100万超える事は無い。

しかし、松方弘樹の場合ステーキを食うだけではなくて、ロマネコンティなど1本100万以上もする高いワインやお酒をジャンジャン飲んでしまう。だからついつい金額もこのような超高額になったというのだ。いやはや豪快な都市伝説である。

昭和の俳優の豪快な都市伝説と言えば、今までもアトラスで何度か記事にしている。「勝新太郎が銀座で飲み歩くと100人ぐらいの集団になる」「梅宮辰夫と山城新伍が同じ女優から性病うつされた」などが代表的な記事である。

明るくて豪快な昭和の芸能界がうかがえる。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『列島分裂-東西10年戦争- [DVD]




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る