【愛媛都市伝説】蛇口からみかんジュース!松山空港や道後温泉で増殖中…





愛媛県と言えば、名産物はみかんと言うイメージが強い。またみかんを絞った「ポンジュース」という独特のイメージもある。かく言う筆者も大好物だ。

今まで愛媛県と言えば、何本かアトラスでも関連記事を掲載している。「青田典子の出身地である愛媛県にちなんで玉置浩二のオレンジと言う名曲が生まれた」「妖怪ヨコロについて」などが代表的な過去記事だ。

他にも愛媛県と言うと、みかんの名産地であると言うイメージが強すぎて、蛇口をひねると「みかんジュース」が出てくるという都市伝説があった。

この手の都市伝説は多い。




香川県では蛇口をひねるとうどんの汁が出てくるとか、静岡県では公園の蛇口をひねるとお茶が出てくるなど、その土地の名産品が蛇口から出てくるパターンが多い。

その都市伝説を具現化させたものが、遂に松山空港(松山市)の1階に登場した。

昨年の夏より、愛媛の柑橘類を使ったメニューが楽しめる「Orange BAR」がオープンしたのだが、なんとここにみかんジュースが出てくる蛇口が設置されたのだ。一杯350円で誰でも蛇口からオレンジジュースが飲める。さすがみかん県と呼ばれる愛媛だ。

今まではイベントなどで期間限定でみかんジュースが楽しめる蛇口が設置されたことがあるが、この松山空港の蛇口は常設と言うのが素晴らしい。

他にも道後温泉にあるホテル「道後やや」では、ロビーに常に「温州」を始め3種類のみかんジュースが楽しめる蛇口が設置されている。うれしいことに宿泊した客はいつでも蛇口からみかんジュースを飲むことが可能だ。ホテルによると当初は期間限定企画であったが、好評のため常設コーナーになったらしい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る