「イカ天」で人気を博したカブキロックス氏神、8600万円詐欺に遭っていた!

かつてTBS系列で放送されていた人気番組「平成名物TV」の人気コーナー、「三宅裕司のいかすバンド天国」は数多くの人気バンドを輩出した。

中でも人気を集めたのが、江戸時代からタイムトリップしてきたという設定のカブキロックスだった。沢田研二のヒット曲「TOKIO」をカバーした「お江戸-O・EDO-」は大ヒットした。バンドのメインボーカルを務める氏神一番は、特撮作品の主役を務めたり、プロレスに絡んだり個性的な活動で今でも人気者だ。

そんな氏神が2018年1月17日テレビ朝日系列で放送された「グッドモーニング」に出演し、なんと総額8600万円に及ぶ詐欺被害に遭っていたことを激白した。




まず1回目の被害は95年の時であった。親しかった友人からもつ鍋がブームであると聞いた氏神は、もつ鍋屋をオープンすることを決意した。店の内装から食材の調達まですべてをその友人に任せ、オープンの初日を迎えた。しかし、いつまでたっても食材のモツが届かない。また、友人にも連絡がつかない。取材の新聞記者も来ていたが、なんとオープン初日にそのまま閉店となった。被害総額は1600万円にも及んだという。

次の2回目の被害は98年だった。そのころ流行っていたプールバーをオープンすることになり、今回は他人に任せずに自ら店頭に立ち、仕入れも全て自分で行った。しかし、バンドのツアーで地方に行く時は店長に全て一任していた。すると毎日のように店長から電話がかかってくる。「氏神さん、食い逃げです」と連日のごとく食い逃げの被害を報告してくるのである。『そんな続けて起こるなんておかしいな』と思っていたというが、実際は店長が自分の友人たちを店に招いて、タダで高い酒や料理を飲み食いさせていたのだ。結局、プールバーは倒産し、2000万円の被害を受けてしまったという。

そして3度目の被害は、2000年代に入ってからである。友人が音楽学校作ると言い出し、氏神も5000万円を提供し、自らも校長に就任した。ところがこの学校も結局は経営破たん、出資した5000万円は返ってこなかった。




またごく最近でも、同窓会で被害にあったと言う。「昔から友達だっただろう」「何十年も前から友達じゃないか」この言葉が要注意であるという。友人だと言ってもその間、何十年も会っていない。だからどういう人物になっているかわからない。しかし、どうしても、その友人が頭の中では学生時代のときの良いイメージしかない。それが1番危ないのだ。結果的に氏神は10万円を友人に貸してしまった。しかし、いまだに一銭も返金されていないという。

いやはや、昔から親しい友人とはいえ、お金が絡むとそこには友情も誠意もないと思ったほうが良さそうである。まあ、詐欺被害というのは、実際にそういうものであろう。
 
(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『獅子王

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る