宇宙人にさらわれ、舌に何かを埋め込まれた!?衝撃のアブダクション体験

アトラスでは宇宙人にさらわれたとするアブダクション体験について多く報告している。このような体験をした人は海外に多い印象があるが、日本でも同様の体験をした記憶を持つ人物は少なくない。

今回紹介する人物は現在千葉県C市在住で農業を営む女性のKさん。この体験は彼女の幼いころの話であり、その頃は神奈川県某所に住んでいたという。




それはKさんが小学校3〜4年生、10歳ごろの事。彼女は妹と二段ベッドで寝ており、妹が下、彼女が上の段であったそうだ。ある日、夜中にふと目が覚めた彼女は、窓の外が妙に明るいことと、「何か」が近くに来ているような気配を感じたという。

彼女がいったい何だろうと考えているうちに、寝たまま上の方に吸い上げられるような感覚を覚えたという。この時、体は動かすことが出来なかったそうだ。

そして、気が付くと彼女は真っ白い部屋の中におり、台の上に寝かされていたのだという。そして、舌に何かを埋め込まれたのだそうだ。

気が付くと彼女は前と同じように自分の部屋のベッドで寝ており、自分でも夢かもしれないと思ったが、確かに上に上がっていった感覚や舌に何かが入っているような違和感があったため、実際に何かが自分の身に起きたのだと思ったという。ちなみに、謎の空間に運ばれて処置を受けた時に周囲には誰もおらず、どのようにして埋め込まれたのかはよくわからないという。

生々しい体験だったが、記憶が部分的に飛んでいるところも多いため、記憶を消されたのではないかとする見方もあるようだ。UFOや宇宙人にさらわれた経験のある人は、記憶が部分的に欠落している事が多いからだ。

なお、アトラスの監修を務める山口敏太郎は、退行催眠をおこなうことで失った記憶を思い出せるかも知れないと助言している。

関連動画
Top 10 CREEPIEST Real-Life Alien Abduction Stories






(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る