歴史ある廃墟にゾンビが現れた!?大学生が撮影した写真に恐ろしい人影が!

下はイギリスはウェールズに存在する有名な心霊スポットでもある廃墟Denbigh Asylumにて撮影されたもの。

関連動画
Terrified Student Films Ghost Caretaker Stalking Through An Abandoned Mental Asylum






廃墟となって久しいため、建物の内部は荒れており、瓦礫などが確認できる。だが、そんな廃墟で撮影された写真の中に、不気味な人影が写っていたのだ。

廊下の奥、撮影者らの持つ灯りが届かない程の場所に、灰色の人影が存在している。人間のようだが、それにしては妙な姿勢であり、まるで中途半端に吊られた操り人形のような姿勢をとっている。ホラー映画に出てくるゾンビのような姿と言えるかもしれない。

この写真は今月2日、問題の廃墟に肝試しで入った大学生らの一団が撮影したもの。彼らは当時を振り返り、「不気味な気配こそしたものの、自分たち以外に人は誰もいなかった」と語っている。




彼らは問題の人影について、この廃墟で過去に勤めていた看護婦の霊ではないかと推測しており、「ここには奇妙な気配が満ちているように感じたので、専門的な機械を持ち込んで調査を行えば何かしらの発見が出来るかもしれない」と語っている。

この廃墟に何が潜んでいるのか、明らかになる日は来るのだろうか。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©Celebrity News YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る