都市伝説「赤い部屋」バージョン1:ナンパした女

先日、アトラスでは少し前に流行った都市伝説「赤い部屋」)について紹介した。この「赤い部屋」の都市伝説はネットを中心に広まったためか、別バージョンの話が非常に多い。今回はそのうちの一つを紹介しよう。

Gさんはごく普通の会社員である。今は管理職を務め、多くの部下を教育する責任ある立場にある。だが、こんな真面目なGさんも、学生時代は毎週末新しい女性をナンパしていた。そんな節操のない日々を、のんべんだらりと送っていたのである。

ある日の事。Gさんは、ディスコで踊らず、酒を浴びるように呑んでいる女を見つけた。Gさんは、にやりと笑った。今週は、この女を弄んでやろう。彼の心を悪魔が支配した。

「どう、踊らない?なんかあったのかな」

バブル時代らしい、歯の浮くような台詞だ。

その時、彼は彼女のファッションの異常さに気がついた。その女は足先から、上まで赤一色で統一されていた。

「そろそろ、俺の車でどこか休めるところにいかない?」

いよいよナンパ師の仕事の始まりである。女は長い髪の毛をかきあげながら、答えた。

「ふん、下心みえみえね、いいわ、うちの家においでよ」

女はGさんを誘い、彼の車で自宅まで送らせた。その自宅は神奈川県某町のはずれにあった。林道を走り、人気の無い場所に、ぽつんと一軒の洋館がある。

「あの洋館が私の家よ、父からもらって一人で住んでいるの」

女はけだるそうに、洋館を指差すと言った。だが、その洋館に一歩入った瞬間、Gさんは背筋に悪寒が走るのを自覚した。家の内部全てが、赤一色なのだ。




この女やはりどこか変だな、やはり今回限りでおサラバするか。

Gさんは不安げに室内を観察する。赤、赤、赤、まるっきりの赤の世界。文字どおりの「赤い部屋」である。だが、一点だけが違った。ベットに乗っている布団だけが、白い布団だったのだ。赤の中にある唯一の白。それが逆に妙な安堵感につながった。

そして、二人は酒の酔いも手伝って激しくベットで絡み始めた。この女あっちの相性はいいな、少し飼っておくか。Gさんはそんな事を考えながら、ふと布団のことを聞いてみた。

「この布団だけ、白いんだね」

すると、女はにやりと笑った。

「近々赤く染めるのよ」

女が赤い歯茎を見せながら、きっぱりと言った。何故か、その笑顔が冷たく感じられ、ぞっとしたものが彼の脳裏をよぎった。そして、情事が済み、女が寝息を立て始めたとき、Gさんは布団の下に何かがあるのを発見した。

「おや、なんだ?」

頭の下あたりに何か固いものがある。布団の上からでもわかるぐらいに固いもの。彼がごそごそと、布団の下に手を入れて、それを引きずり出した。

それはナイフであった。まるで、血に染まったように赤く、脂ぎった液体が付着している。

彼のナイフを持つ手が震えた。この布団を赤く染めるのは、人間の血なのか。

そして、次に布団を赤く染めるのは・・・。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る