再発【テレ朝○○ステーションの呪い】空気が読めない…宮川悠太アナ降板!?

テレビ朝日の看板番組「報道ステーション」がうまく回っていかない。

全盛期に比べて視聴率が落ちていくのは、テレビ人気の低下と含めて致し方ない。しかし、ショーン川上の経歴詐称事件からミソがつきっぱなしだ。

業界内では「〇〇ステーション」という番組タイトルにすると、関係者に不幸が起こるというジンクスがある。

「〇〇ステーションの呪い」というジンクスがあるのだ。

とりわけ最近、宮川悠太アナの評判がすこぶる悪い。とにかく空気が読めない、場を乱すような発言が多いと各方面から批判を浴びているのだ。

例えば、安倍晋三首相がゲストに来た時、「憲法改正の論議をするより前に、国民の信を問うことはしないのか?」という趣旨の発言をした。すると安倍首相が「憲法改正の議論をしてから、国民投票をするのが筋あって、その質問は正しくはない」と苦笑いでいなされた。

先日の日馬富士の引退記者会見でも、宮川悠太アナのピント外れな質問に対して、伊勢ケ浜親方が日馬富士に対して「あんな質問に答えなくていいぞ」と囁いている。




報道ステーションのメインに抜擢された時から、確かに業界内部では「宮川で大丈夫か?」「宮川は空気を読めないぞ」という指摘があった。また未だに、宮川アナ降板と言う噂は流れており、思った以上に在任が短期になる可能性は高い。

どうかここはひとつ、宮川アナに踏ん張ってもらいたい。

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©報道ステーション|テレビ朝日オフィシャルサイト

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る