宇多田ヒカルの都市伝説?霊の声の入った楽曲は本人のイタズラの可能性あり

現在、NHKの『とと姉ちゃん』の主題歌、日本テレビ『NEWS ZERO』のエンディングテーマを担当するなど、数年ぶりに歌謡界へカムバックした宇多田ヒカル。

変わらぬ歌声に「やはり歌姫は健在だった!」「この日を待っていた!」と歓喜の声があがり現在、宇多田ヒカルのアルバムが再び店頭に並ぶなど再ブームの兆しを見せている。

宇多田ヒカルは「日本で最もCDアルバムを売ったアーティスト」であり現在も記録は破られていない。しかしそんなバカ売れした宇多田ヒカルだけに「怖い曲」も何曲か存在している。現在、宇多田ヒカルの楽曲のなかで「心霊が声が入っている」と噂されているものは3曲確認されている。以下に列記してみよう。

「Can You Keep A Secret?」
7枚目のシングルである「Can You Keep A Secret?」には途中、「うただぁ~~~」という声が入っているいう都市伝説がある。なぜ自分の名前なのかは不明だがアメリカでは楽曲のなかに自分に関するキーワードを意図的に入れることはままあり宇多田ヒカル自身の計算の可能性がある。

「Addicted to You」
イントロ開始5秒後に不可解な声が聞こえるとされる。「歌えない、歌いたい…」という女の声が聞こえ、曲の途中にも女のうめき声が聞こえる。この声は宇多田本人の声である説が強いが、なぜこのようなメッセーシが入り込んだのかは不明。余談ではあるが、この曲は1999年に発売されており宇多田ヒカルブーム真っ盛りのときの曲。「歌いたい」という思いは日本の誰より達成していた時期である。。

「For You」
「と思ってるわけじゃないから…」という歌詞の歌われた直後に唸り声が聞こえるという。この唸り声も宇多田本人の声である説が強い。しかも霊にしては複式呼吸し過ぎているという声もある。

・・・結局は宇多田ヒカル本人のイタズラじゃないかと疑ってしまう都市伝説ばかりになった気もするが、心霊の声が真実かどうかは是非もう一度、宇多田ヒカルのアルバムをじっくり聴いてみよう!

文:江戸前ライダー 取材:山口敏太郎事務所





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る