東名高速道路追い越し車線強制停車男、逆ギレを正当化!余罪多数あり

家族旅行を暗黒旅行に変えた東名高速道路強制停車男。

福岡のくされヤンキーだが、とんでもない発言をしている。 『自分も人間やけん』と自分の逆ギレを正当化しているのだ。




しかも、この男、この事故の数ヶ月前にも三回に渡り、危険運転を繰り返しており、今回のような強制停車を何度もやっているのだ。

とんでもない暴走野郎だが、このままでは十年以下の実刑に終わる可能性が高い。この男は二十代であるので、三十代で出所し、再度危険運転を繰り返す可能性がある。

とにかくこの男には厳罰を課してもらいたい。

ちなみに筆者も同様の体験がある。足立区でヤンキー車に絡まれ前に回り込まれ、強制停車させられたのだ。よく、わからないのだが、ライトが眩しいという理由であった。別にハイビームにしていたわけではないのにだ。

相手のチビヤンキーが車から降りてきたが、筆者は降りずドアも開けなかった。『おう、いえぃ、おう、いえぃ、開けろよな』チビヤンキーはラップ口調で挑発した。

車から降りていき喧嘩をすれば勝つ自信があったが、山口敏太郎が乱闘事件を起こしたとなるとニュースになってしまう。グッと堪えて警察に通報した。




すると警察がくるとチビヤンキーは自分が意味不明な事で絡んでいることに気がついたのか『バカバカしくてやってらんねえ』と捨て台詞を残して立ち去ってしまった。『アホか、こっちのセリフじゃ』と思わず筆者は呟いてしまった。

とにかく、些細な事で逆上し車を強制停車させる輩はいる。そうなった場合も決してドアや窓を開けてはいけない。ロックしたまま、警察に通報するのが得策なのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る