山口敏太郎と周る怪異・異形ツアー、「円光寺に眠る謎のミイラ『蛇骨』」

三寺参りで有名なあの円光寺に眠り続けるツノの生えた大蛇のミイラ『蛇骨』、遂にお寺の許可を得ての特別な御開帳が決定した!

この『蛇骨』がどこからやってきたものか・・・円光寺前住職と共にこの謎を読み解くのは、TV番組等でもひっぱりだこのオカルト作家・山口敏太郎。長良川おんぱくで6年続く妖怪ツアーとのコラボ企画により飛騨へ来訪。

足元にある怪異・異形に出会える体験プログラム、ぜひご参加ください!

【実施日時】
2017/11/12(日) 11:00 〜 12:15 

【予約】
webサイトからのお申し込みのみ  予約終了 2017/11/11 00:05
お問合せ:長良川おんぱく事務局(蒲)058-269-3858 

【案内人】
圓山 正憲
浄土真宗本願寺派 照耀山 円光山 前住職(17代目)。明治の大火の際に寺の本堂の亀の彫刻が火災から寺を守ったとして、それ以来その彫刻は水呼びの亀と呼ばれている。

山口敏太郎
1966年7月生まれ。徳島県出身。作家、漫画原作者、ライター、オカルト研究家など様々な肩書きを持つ。UMAや心霊、都市伝説など、あらゆる不思議分野に精通する唯一のオールラウンドプレイヤー。

【集合場所】
円光寺 〒509-4224 岐阜県飛騨市古川町殿町11-11
駐車場:なし 飛騨市役所駐車場におとめください 寄りバス停名:飛騨市役所




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る