【衝撃映像】幽霊の声を拾ってしまった!?一家惨殺された家で起こる怪現象の数々!

心霊スポットにカメラを回しながら入った所、不気味な声が入っていた…という話は怪談の定番だが、海外の人気Youtuberが撮影した動画に不気味な声や心霊現象が捉えられたとして話題になっている。

アメリカの人気女性Youtuberクリスティーナ・ディアモーレは、彼女の友人らと共にある無人の家に潜入、一部始終を動画配信することにした。だが、その家は普通の家ではなく、かつて有名な殺人事件が行われ、犠牲者の霊が出現すると考えられている場所だったのだ。




1969年、アメリカの有名な女優シャロン・テートはチャールズ・マンソンの発言を盲信するマンソン・ファミリーによって殺害された。この時、友人であり数フィート離れたところに住んでいた一家4人も共に殺害されている。そのため、この家では殺害された家族の霊が出ると考えられていた。

そんな全米でも心霊スポットと知られる住居にクリスティーナさんは友人らと潜入、寝室に撮影して内部の様子を配信し始めたのだが、そこに誰のものでもない不気味な言葉が入ってしまったのだ。

「Hello,Why are you in my bedroom?」

更に、彼女らが話をしていると、持ち込んでいた小道具のピアノのおもちゃが誰も触れていないのに鳴り出し、現場はパニックに陥った。



彼女の動画は25万回以上の再生を記録し、視聴者の中には「奇妙なものが映っている」とする意見や「動画を見たが、気分が悪くなった。何かしらの幽霊が映っているのかもしれない」とするコメント、また配信者に気をつけるように心配するコメントもあった。

彼女らは惨劇のあった家に入り込んだことで、幽霊を呼び起こしてしまったのだろうか?

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Girl sets up camera in Charles Manson murder house – what it films will haunt you forever

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る