中国「なんちゃってウルトラマン」に俳優も激怒!?あまりに複雑な権利関係!

 中国が新しく製作する「ウルトラマン映画」が話題になっている。

 本作は中国の映像製作会社が独自に制作する日本のヒーロー「ウルトラマン」の新作映画で今年の10月より中国にて公開予定だという。
 ところがウルトラマンの権利を持っている円谷プロは「(中国からは)何も聞いていない。著作権の侵害である」とコメント。一方の映像会社側も「ウルトラマンの海外利用権を持つ会社から許可を得ており合法である」と反論しており、議論は平行線を辿っているという。




 日本のテレビでは中国が製作したウルトラマン兄弟が変なダンスを踊る映像やアゴが異常に伸びてしまったウルトラマンの着ぐるみが紹介されたほか「元ウルトラマンダイナ」俳優のつるの剛士は、Twitterにて「くっそ〜 現れやがったなあ! 偽ウルトラマンめ〜!」とつぶやき、中国版ウルトラマンに対する嫌悪感を明らかにしていた。

 また、ネットでは現在「ウルトラマンの著作権問題」もクローズアップされているという。
 実は海外におけるウルトラマンの権利は非常に複雑になっており、一時期はタイの制作会社「チャイヨープロダクション」にて「ウルトラQ」~「ウルトラマンタロウ」までの6作品の海外使用権を譲渡する内容の契約書が見つかり、チャイヨープロが権利を主張。円谷プロと国際裁判に発展した過去がある。

 最終的に円谷プロは裁判に敗訴。チャイヨープロは勝訴したもののその後倒産し、一部の権利はバンダイほかいくつかの海外企業に売却してしまったと噂されている。




 そのため今回の「中国版ウルトラマン」は、チャイヨーフィルムが権利を売った相手先の会社のひとつが製作したものと噂されており、非常にややこしい事態になっていると推測されている。

 もっとも権利関係がどうあれ、変な踊りや変な顔をしたウルトラマンは我々日本人にとって違和感しかない。そのようなことからも円谷プロと中国の映像製作会社との間で今後行われるであろう話し合いに大きな注目が集まっている。

(文:ミッチェル横山 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連ニュース
【スクープ!】ウルトラマン俳優はYouTuberに変身していた!?
【都市伝説】西田敏行が歌った『帰ってきたウルトラマン』の歌がある!?
【視聴注意】『ウルトラマンタロウ』主題歌には謎の声が入っている?
【大迷惑】「高樹沙耶」とウルトラマンティガ隊長「高樹澪」と混同する人多数!
ウルトラ兄弟の長男「ゾフィー」の役者はあの有名女子アナのお父さんだった!

画像は『ウルトラマン THE LIVE ウルトラマンフェスティバル2017 スペシャルプライスセット [DVD]』ジャケット写真より

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る