4月25日アメリカが北朝鮮を空爆!?北朝鮮は日本に向かってサリンミサイル発射?

政治記者の間では、アメリカが北朝鮮に攻撃を加えるのは4月25日だと言われている。

軍事拠点や核開発拠点への空爆は当然のこと、金総書記の暗殺部隊が隠れ家を強襲するという情報もある。




武装難民の侵入を警戒しロシアや中国は北朝鮮との国境に数万人規模の軍隊を展開している。

北朝鮮政権崩壊と同時に日本、韓国に向かってミサイルが発射されるのは間違いないと言われている。

日本には50発のミサイルが発射されると推測されており、パトリオットで迎撃できない5発程度が日本に着弾すると見られている。

地方都市を狙う核兵器よりも、首都圏に向けて発射される可能性のあるサリンを搭載したミサイルが恐ろしいと言われている。




また、漁民を装った武装難民が日本海側に押し寄せると想定されており、新潟や北陸の自衛隊に極秘の指示が回っているという。

どちらにしろ、北朝鮮が最期に暴発した場合、ダメージを食らうのは日本と韓国のようだ。

(隼 英人 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る