人生そのものが「マジックショー」であった女殺人鬼

 人生そのものが「マジックショー」だった女殺人鬼がいる。

 女性版の「青髭」として後世に語り継がれるベル・ガネス(旧姓ポールセッター)だ。ベルは1859年、ノルウェーのトロンヘイムで生まれた。父親はマジシャンで、幼い頃から彼女も舞台に立ち、各地を旅していた。しかし、ベルが十代になると一家は田舎の小さな農場に引き蘢り、1983年に退屈な生活に飽きたベルはアメリカへ渡った。1888年、イリノイ州オースティンでマックス・ソレンソンと結婚し農作業と子育てに明け暮れたが、ベルはやはり刺激のない生活に飽きてしまった。




 1900年、夫のマックスが急逝しベルは多額の保険金を手に入れた。ベルがマックスを殺害したという説が有力である。そして、2人の娘を連れてベルはシカゴに渡り、保険金で下宿屋を始めたが、開業して間もなく下宿屋は全焼し、ベルは再び保険金を入手した。そして、今度はパン屋を始めたが、パン屋も間もなく全焼した。

 流石に保険会社も信用が無くなりベルとの取引を打ち切った。ベルは仕方なくインディアナ州ラポーテで農場を営むピーター・ガネスと再婚し、やがて男子が産まれた。40代での当時では珍しい高齢出産である。

 しかし、1904年に棚から落ちた手斧が「偶然に」ピーターの頭に命中してピーターは亡くなった。ベルは再び多額の保険金を入手したが、やはりベルがピーターを殺害した可能性が高いと言われている。

 それから、保険金詐欺はそろそろ潮時と考えたベルは、新たな殺人ビジネスをを始めた。「ロンリーハートキラー」と後に呼ばれる結婚詐欺である。
新聞や雑誌に、

 「若い未亡人です。インディアナ州ラポーテに広大な敷地の農場を所有しています。結婚を前提として、資産と教養のある紳士との交際を希望」

という広告を載せ、身寄りがない者を見つけると




 「候補者の方からは2万ドルほどの現金もしくは有価証券を担保としてお預かりしております。財産目当ての結婚を防ぐためです。貴方様の誠意の証し
として5000ドルをご持参いただいて将来についてお話しが出来ればと思います」

と言って、自宅に呼んで殺害した。「ロンリーハートキラー」を繰り返すことでベルはアメリカで最も裕福な女性の一人となった。

 しかし、ベルの殺人ビジネスは遂に発覚したのだ。

 資産家のアンドルー・ホールドグレンはベルに「身寄りがない」と話していたが、実際には弟がいたのだ。弟に「ベルと結婚するこ」とを伝えていた為、ベルの家に行ったきり帰ってこないのを不審に思った弟は、「ベルの家に行く」と言ったのだ。

 そして、ベルは弟が来る前に、ガネス農場の母屋に火をつけたのだ。母屋は全焼し、4つの遺体が発見された。3体は長女のメイトル(12)、次女のルーシー(9)、そして長男のフィリップ(5)である。もう1体は首なしの女性でそばにベルの入れ歯があったので、「おそらくベルだろう」と判断された。そして、警察がガネス農場を操作し、ベルが殺害した13名の遺体が発見された。いずれも手足が切断され、油紙に包まれていた。ベルは我が子を含む少なくとも16人以上の殺人を犯したことになる。

 1ケ月後の5月23日、ベルに農作業員として雇われていたレイ・ランフィアが4件の殺人と放火の罪で起訴された。そして、数年後、監獄の中でランフィアは牧師に驚くべき事実を告白したのだ。

「俺はベルの愛人で、犯行を手伝っていた。あの首なし死体はベルではなく、拾ってきた浮浪者だ」




 なんと大胆な犯行なのか! 

 手品師の家庭に育ったベルにとって、人生そのものがマジックショーだったのかもしれない。下宿屋やパン屋もショーの舞台に過ぎず、ガネス農場は最後の舞台となったのか・・・。

(深月ユリア ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る