赤ちゃん蜂蜜死亡事故!権利は丸取りだが引責無し?クックパッド窮地

 2017年3月30日、足立区在住の生後6カ月の男児が蜂蜜入りの離乳食に含まれていたボツリヌス菌によって死亡した。

 この死亡事故に関して離乳食レシピの掲載元クックパッドの責任問題が主婦掲示板や女性団体にて指摘されている。

 現在、クックパッド内での検索では、蜂蜜入りの離乳食は引っかからないが、グーグルでの検索ではクックパッドのページが出てくる。




 クックパッドは基本、読者の投稿によって成り立っている。しかしながら、その投稿をまとめたレシピ本が発売されても、投稿者には献本が送られてくるだけである。

 読者の投稿レシピの権利をクックパッドが独占するならば、掲載時の安全性確認や、明確なリスクヘッジもクックパッドに責任があるのではないだろうか。

(白井たすき ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像は『大人気! クックパッドの離乳食 (学研ヒットムック) 』表紙より




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る