【実話ホラー】エイリアンによってタイムリープさせられた!?

 この情報は、妖怪絵師の増田よしはる氏の手によって筆者にもたらされた。これは、彼が学生時代にバイトしていた京都にある某ホテルの管理職の体験である。

 ある日の事、夜七時頃だろうか。その方は、妻と息子と家族三人で、居間で寛いでいた。だが、どうも幼い息子の様子がおかしい。その方が、息子の額に手をあててみると、確かに熱っぽく息も荒い。
 「よし、いつもの病院に行こう」「そうね、すぐ準備するわ」
 夫婦で相談し、近所の病院に連れて行ったほうがいいということになった。早速、三人でかかりつけの医者に行くことになった。




 開業時間はとっくに過ぎていたのだが、その医師は古くからの知人であるので、そういうときには融通が利いた。
 「すまんな、無理言って」「いや、構わんよ、この薬を飲めば大丈夫だ」
 友人である医者は、息子の診察を快く応じてくれた。

 息子を一通り見てもらい、諸々薬などを渡され、帰り道の事、親子三人で空中に光る複数の大きな飛行物体を目撃した。
 「なんだ、あれは」
 その方の指摘で妻や子供も驚いて見上げた。空中に発光物体が浮かんでいる。
 「なにかしら、あの光る物体」「UFOだよ、お父さん」
 家族三人で軽いパニックになった。
 この目撃時間は定かではない。だが、息子が熱を出したのが七時だとすると、病院に歩いていって診断を受けての帰り道だから、8時半ごろではなかったかと、後に彼は回想している。

 次の瞬間、いつの間にか親子三人、自宅でくつろいでいる事に気がついた。
 「あれ、さっきまで道でUFO見てたよね。いつのまに家に戻ったの?あれれ、時間も夜の七時になっているし…」
 時計の針が逆行しており七時過ぎに戻っている。つまり、時間が逆行していた。
 「お父さん、大丈夫?」
 息子は笑っている。風邪をひいていた息子は完全に元気な状態である。
 「どういうことだ、俺以外みんな、UFO見た記憶がなくなってるのか?しかも、時間が逆流しているよね」
 



 彼は完全にパニックになった。驚く妻に今の体験を話すと、
「何を言ってるの。今日は一度も外になんか出ていないわよ」
 と笑うばかりである。
 「そんな馬鹿な話があるか、病院に聞いてみるぞ」
 と興奮して、知人の医者に電話をかけたが、知人の医者も、誰も来ていないと言う。

 「おかしいな、どういう事だ?」
 あの発光体を見た後、何物かによって関係者が全員記憶を消され、最初の時間まで戻されたとしか思えない。
 しかし、あまり周りに言うと、変に思われるので、自分の中にしまっておいたというのだ。それを、不思議好きの増田くんなら信じるだろうと、職場でこっそりと打ち明けてくれたというのだ。

 奇妙な話である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る