UFOに電気を吸い取られた!?イギリスを襲った謎の停電!

UFOが近づくと、車や電気機器が異常を起こして止まってしまう、という現象が起きると一部の人間が語っている。これはUFOから発されている電磁波などの影響を受けて起きると言われているが、その説を補強するような怪事件が起きた。

1月5日、イギリスのバッキンガム・パークの周辺住民らは深夜2時頃、外から急にまばゆい光が射し、その直後轟音と衝撃が一帯を襲ったのだ。この光や轟音、衝撃で目を覚ました人は大勢おり、窓から外を確認した人の中には光る大きな物体が空へ浮かび上がり、高速で飛び去っていくのを目撃した人もいたという。なお、現地では写真の撮影に成功した住民も存在している。




同地域で起きていた人は、まばゆい光が外から射した直後に家中の電気が切れてしまい、騒動が収まって1時間ほどは電気が復旧しなかったと証言している。

同様の報告はこの一帯で起きており、多くの人が異変の直後電灯をつけようとしたが、45分から1時間程度は電化製品が動かなかったと報告している。また、後日確認してみると、この日だけ電力使用量が恐ろしく多かった家も存在していた。

何らかの作用によってこの地域の家から電力が吸い上げられてしまったような事態が起きていたのである。




もし光の正体がUFOだったとするならば、何らかの要因でエネルギー不足に陥ったUFOが、この一帯の家庭から電力を吸い上げて補給に使ったのだろうか。

この事件に関しては、現地の頂上現象研究家も調査を行っているが、未だに結論出ていないという。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る