芸能都市伝説 はるみ村、熊本地震で崩壊、芸能人が村や王国を田舎に作ると崩壊する?

井上晴美と言えば、たわわなオッパイを武器に一世を風靡したタレントだが、今は故郷の熊本で三人の子供を育てながら田舎暮しを満喫している。

古民家を手作業で改築し、自然と触れ合いながら、エコでヘルシーな生活をしていくさまはテレビ番組でも紹介され、視聴者からおおむね好感を持って迎えられていた。

井上晴美が改築している古民家やその周辺の畑や小屋などは、俗に”はるみ村”とも呼ばれており、周囲の住民とのコミュニケーションも順調であった。

今回発生した熊本地震においても、14日の一撃にはどうにかもちこえたものの、引き続き群発する地震にとうとう古民家や周囲の小屋が崩壊してしまったのだ。まことにもって気の毒としか言いようがない。

理想の田舎ライフを実現した成功事例として、多くの人から注目されていただけに残念である。早い段階での”はるみ村”の復興を心から祈りたい。

さて、業界には不気味な都市伝説がある。芸能人が田舎に〇〇国、〇〇村というものを作ると、最後は崩壊してしまうと言われているのだ。

今回の”はるみ村”以外にも、ムツゴロウの”動物王国”が経済的に破たんしており、TOKIOが番組企画で作り上げた”DASH村”も東日本大震災で大きなダメージを受けてしまった。

この恐ろしい芸能都市伝説が今回も的中してしまった形になった。

がんばれ、井上晴美。かような都市伝説など吹き飛ばして、是が非でも”はるみ村”を再興してもらいたい。

隼英人





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る