熊本大震災は予言されていた!?「2062年の未来人」の書き込みとは!?

14日21時26分頃、九州の熊本県熊本地方を震度7の地震が襲った。

これだけ大きな規模の地震としては、東日本大震災以来となる。同地では、益城町を中心に被害が多数報告されている。

益城町を中心に被害が発生しており、また熊本には活火山で知られる阿蘇山があり、今回の地震で火山活動が活発化するおそれもあるとして警戒されている。

そんな現在、今回の熊本大震災を予言していたのではないかとする、ネット上のある書き込みが注目を集めている。

匿名大規模掲示板2ちゃんねるのオカルト板に登場した「2062年」氏と呼ばれる人物の書き込みだ。

彼は「おれ、未来から来たけどなんか質問ある?」と書き込み、半信半疑のスレッド住民の質問に答えていた。当初は人の注目を集めるようなネタを書き込んでからかう「釣り」行為だろうと見られていたのだが、断定は避けるものの、マジメな回答が多かったため「ネタとしても良質」と考えられていた。初めは2010年11月から12月にかけて顔を出していたのだが、その際に「歴史に残るような自然災害は起きるのか」という発言に対し、「自然災害に関することは人口動態変化に繋がるので明確に発言できない」と言いつつも、このように答えている。

「yあ 間 N意 埜 b於 レ」

一見何の事か解らないが、これを解読すると「山に登れ」となる。これが東日本大震災と、その後に起きた巨大津波の事を指し、高台に逃げるように警告していたのではないかとされているのだ。

彼らしき人物はその後も2011年7月、2012年12月にも登場している。なお、2011年7月22日の書き込みでは、震災の件を詫び「あれが自分に出来る最大限の警告だった」とも述べている。

この自称2062年から来た未来人は、彼の弁を信じるならば「ある調査」のために肉体ごと未来からやってきているのだという。そして、彼は2010年11月16日の書き込みで「今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな」と答えているのだ。

そう、熊本で地震が起きた日の翌日である。

これは果たして偶然なのだろうか?

もしかしたら、あなたの隣にも2062年から来た未来人がいるのかもしれない。





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る