反論!「どや顔」は新しく作られた芸人言葉ではない

 先日、ATLASにて掲載されたライター・ミッチェル横山氏の「どや顔」に関する記事によると、この言葉は東野幸治氏によって近年に作られた芸人言葉だという。




 だが、この記事に筆者は違和感を感じた。

 「どや顔」という言葉はもっと昔からあったはずだと記憶していたからだ。

 そこで、関西で活躍する放送作家のヤナギダ氏に聞いてみたところ、以下のコメントを頂いた。

 「まず東野幸治さんの造語ではない。松本人志さんが関西の番組で使っていたような記憶がある。また、最近出来た芸人言葉ではなく、一般の言葉としてもっと昔から使われていたのではないか」

 この意見に筆者は賛同したい。今後も編集部では「どや顔」のルーツについて言及していきたい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る