超古代文明についてマンガで解る!?「禁断の新発見満載! マンガ「超古代文明」の真実」10月7日発売




ムー大陸やアトランティスなど、オカルト関連で外せない超古代文明。

日本の邪馬台国やエジプト等世界の古代遺跡のように、未だに解明されていない歴史ミステリーも古代には多い。そんな歴史ミステリーの色々な話題がマンガで解る単行本「禁断の新発見満載! マンガ「超古代文明」の真実」が、10月7日に宝島社より発売される。

監修は山口敏太郎タートルカンパニー所属の神谷充彦氏。このほんで古代のロマンに浸ってみてはいかがだろうか。




超古代文明は現在のテクノロジーを凌駕していた!?
いまだに発見されていないツタンカーメンが造ったピラミッドの隠し部屋
世界の文化史を覆すロシアで発見された世界最古の木の像
地球を支配していた巨人族の存在
ムー大陸のヒントを示す沖縄の海底遺跡
北極にある地底国アガルタの入り口
世界の文明は日本からはじまった! など、
人類の歴史に大きな衝撃を与える、「超古代文明の謎」をマンガで解説しています。

禁断の新発見満載! マンガ「超古代文明」の真実
神谷 充彦 (監修)
宝島社 600円




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る