『ドラえもん』「へやこうかんスイッチ」のび太が「ガチ犯罪者」だった!





9月16日、『ドラえもん』で放送されたのび太の行動が明らかに異常だったと大騒ぎになっている。

この日の放送は、原作にもあるエピソード「へやこうかんスイッチ」。

名前の通り相手の部屋をその場で交換できるという道具だが、いつもように道具を悪用したのび太の行動が今回は特に「ヤバかった」と話題になっていた。

のび太はしずかちゃんと遊ぶ約束をするため、のび太の部屋としずかちゃんのお風呂を交換し、風呂の鏡にメッセージを残す(部屋の交換なので入浴中のしずかちゃんがのび太の部屋に現れる)のをはじめ、人気アイドルと自分の部屋を交換し、しずかちゃんを招待するなどのヤリタイ放題。




最後はテレビ番組でアイドルのお部屋訪問企画がはじまり、日本全国にのび太の部屋がさらされてしまうというオチだったが、ネットでは、

「風呂鏡にメッセージを残すという発想がサイコパスで怖い」

「そもそもなぜのび太は人気アイドルの部屋を知っているんだ」

と、のび太の行動にドン引きする視聴者が多かったという。

もっとも、上記のエピソードは原作が描かれた時代と比べて、今の時代には不相応なストーリーだったと言えるが・・・。

また、先日の放送では本ATLASでも紹介した「しずかちゃんのお風呂シーン水着問題」が解決していたようで、お風呂場で全裸ではないが、泡で全身を隠すしずかちゃんの裸が無事に放送されていた。(ひと安心!)

(文:横須賀小禄 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る