「スーパー台風」に匹敵する強大さ!日本上陸は2014年10月ぶり?





9月14日、台湾に台風14号が上陸した。

アメリカの気象機関は、この台風(ムーランティ)が「スーパー台風」の可能性があることを発表している。現在も台湾では一部の地域が暴風域となっている。

日本への上陸はまだわからないが、現在、台風16号も9月の三連休中に沖縄~西日本にかけて直撃の恐れがあるため、各所で注意を呼びかけているという。




スーパー台風の定義は風速が約70m/sを超えるものとされていて、2014年10月に沖縄~西日本に上陸した台風がスーパー台風に匹敵する風力を持っていたという。この時、沖縄県では県内のすべてのイベントが中止、四国などでも各電鉄系が運休となっていた。

今年は8月から全国で台風が直撃しており、甚大な被害をもたらしている。

現在、台風16号に対して、各自治体が台風の注意を呼びかけているという。

(文:望月歌寿彦 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る