高橋ジョージのUFO体験、ハワイでエイリアンに眠らされた?エイリアンはハワイアン?

離婚後、高橋ジョージに対して相変わらずネットで罵倒している連中がいるが、当ATLAS編集部では高橋ジョージを応援したい気持ちでいっぱいだ。なぜなら、彼はUFOとアクセスした我々と同じ宇宙人仲間だからだ。

高橋ジョージの高校時代、地元ではUFO騒動が起きていた。そのせいだろうが、耳が熱くなり寝れない日々が続いた。あまりに熱かったので、医者に調べてもらうと耳の奥に小さなボックス(空洞)があると診察された。

それから、何年も経って大人になってハワイでくつろいでいると、空の遠くから米軍のヘリコプターが迫ってきた。だがよく見ると鮮やかなUFOであった。

驚いたジョージは、ホテルのフロントに電話し知らせようとすると電話回線が遮断され、たどたどしい日本語で名前を呼ばれ、気持ちのよいの音楽が流れてきた。そのまま意識を失って眠ってしまった。

このハワイでの不思議な体験は、15年間何故か記憶から抜け落ちていて、15年後にハワイに行ったときに思い出したのだという。

山口敏太郎事務所





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る