おぎやはぎ・矢作、文金高島田の赤鬼と戦った!?

おぎやはぎと言えば、根強いファンがいる手堅い芸人だ。かくいう筆者も彼らのファンである。アトラスでは、過去に小木博明の住んでいた幽霊マンションの話を記事にしたが、今回は矢作兼の奇妙な体験を紹介しよう。

今回もおぎやはぎのラジオ番組「メガネビイキ」で披露された体験談である。




海外から帰国し、翌日ゴルフに興じていた矢作はひどく疲れていた。そのため、その夜はゆっくり眠りたかった。横向きになつて寝ていると突如金縛りになった。

〈おっ、人生初の金縛りだ〉

そう思っていると、何者かが後ろから手を回し、矢作の股間をまさぐってくる。

〈なっ、なんだ。こいつ・・・〉

正体を見届けようと、後ろに視線を飛ばすが金縛りで身体がいまいち動かない。全身が強い力でホールドされているみたいだ。

どうにか無理やり視線を背中に飛ばすと、そこには鬼がいた。鬼は赤鬼であり、なぜか文金高島田で着飾っている。

〈お、鬼?〉

背中越しの鬼は小ぶりで、小玉スイカぐらいの頭しかなく、ホログラムのようにゆらゆらとゆれている。

〈こうしてくれるわ〉




必死に金縛りを振りほどき、矢作は右手を動かすと鬼のコメカミにアイアンクローを決めた。アイアンクローとは、コメカミを鷲掴みにする往年のプロレス技だ。

「ぐぐぐ」

悶絶する赤鬼、鬼はしばらく苦しんだあと諦めたのか消えていった。

アトラスでは鬼に関する記事を何回か掲載している。「岡山に眠る鬼、温羅伝説」「鬼の御朱印がある。鬼岩公園」「大晦日に百鬼を率いて現れる夜行さん」などが人気のアーカイブだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」 [DVD]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る