伊東市子供行方不明事件で思い出す、佛現寺「天狗の侘び証文 」





一昨日に伊東市で発生した四歳児の行方不明事件。幸いにも子供は無事に保護され、家族も安堵しているようだ。

「天狗様も無事に子供を返してくれた。ありがたいことだ」という話をする妖怪マニアもいたが、まさか今時天狗様でもあるまい。

この話を聞いて思い出すのは伊東市にある佛現寺の『天狗の侘び証文』である。

今から三百数十年前、柏峠付近に天狗が姿を現し、峠をゆく人に様々な悪さをした。この難儀を解決すべく佛現寺の日安上人は、天狗が住むという峠に出かけた。

7日に渡り、松の下で読経する日安上人の前に天狗は降参、天狗文字で書かれた侘び証文を置いていったという。

この侘び証文、今でも仏現寺に残されているが、全く解読出来ない。ハングル文字の崩したものだとか、日安上人が自分で書いた文字だとか、神代文字の一種だと言われているが、詳しいことはわからない。

ちなみに土産物として天狗の侘び証文羊羹が売られており、なかなか楽しい。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る