【速報】全日空機が羽田空港へ緊急着陸!32年前の事件と奇妙な符合が!?

 8月12日18時50分頃、東京・羽田空港を出発して大阪・伊丹空港に向かっていた全日空ANA37便が羽田空港へ緊急着陸した。

 一部乗客の話によると、ANA37便は離陸して30分後に機体が急降下。航路を変え、Uターンして羽田へ戻っていったという。
 機体が急降下した際、客席には緊急用の酸素マスクが落ちてくるなど、ケガ人は出てないものの乗客の少なからずは軽いパニックになった模様。また乗客には機長より「機体トラブル」との説明があったという。(※8月12日21時点での情報)




 また、一部では今回の機体トラブルに対してオカルト的な見地からも注目を集めているという。

 今から32年前の1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分、羽田発伊丹行のJAL123便が群馬県多野郡上野村の高天原山(御巣鷹山)に墜落するという航空事故が発生(日本航空123便墜落事故)。
 本事件は死者520名の「世界最悪の犠牲者数を出した航空機墜落事故」として知られている大惨事であり、現在も毎年事故があった同日の前後には慰霊登山する者が絶えない。




 今回のANA37便にトラブルが発生した時刻は8月12日18時50分頃。JAL123便墜落事故の発生時刻とほぼ同じであり、行き先も羽田から伊丹へと完全に一致していた。

 非常に奇妙なトラブルではあったが、乗客および乗組員には怪我はなかった事は不幸中の幸いであり、ネット上では安堵の声が耐えないという。

(安坂由美彦 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事
航空機がUFOとニアミス!?歴史に残る事件「日航ジャンボ機UFO接近遭遇事件」
空に残るのはただの飛行機雲ではない!?化学物質を散布する雲「ケム・トレイル」
身代金一億円を奪い、飛行機内から逃げた未解決ハイジャック「D.B.クーパー」事件
パイロットはどこへ!?カナダで発生した謎多き飛行機墜落事故多発地区でまたもや、飛行機の横を飛ぶ三角形UFO!

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る