竹内巨麿伝、天浮船〜天空を駆ける船の伝説

 日本ピラミッドの代表的な存在である葦嶽山ピラミッド(広島県庄原市)や、イエス=キリストの墓(青森県新郷村、旧戸来村)や、ゴルゴタでの処刑の危機を脱したキリストの日本渡来説、モーゼが能登宝達山にのぼり、天皇の娘と結婚し538歳で没した後、三ツ子塚古墳に葬られた伝説など、数多くの超古代文明を生み出したのが竹内巨麿が世に公開した『竹内文書』である。この文書のおかげで、各地に観光史跡が生まれ、年間大勢の人が訪問している。




 兎に角、内容が凄い。天神七代による宇宙創世紀に続き、上古第一代天皇が天日国(プレアデス星団と推測されている)から、天元根国(太陽系第三惑星である地球と推測されている)に、天の浮船に乗って降臨し、地球に文明を築いた。

 つまり、我々、日本人の祖先はこの神=エイリアンの後裔であると言われているのだ。

 昭和初期に、山根キクや酒井勝軍らオカルトティストたちに絶賛された『竹内文書』は、学者や軍人も巻き込み大きな話題となり、『古事記』以前の歴史書と言い出す人々も出てきた。

 結局、元京都帝大・狩野亭吉博士による「天津教古文書の批判」という論文が、岩波書店発行の雑誌『思想』に掲載され、偽書という形で一般社会では決着がついた。




 だが、一部の竹内巨麿信奉者は、『竹内文書』に出てくる一日に地球一周できる天浮船こそがUFOであり、天皇がこの船に乗って世界各地を訪問、世界中が日本を中心に統治されていたと主張している。

 もし天浮船が実在したと仮定するならば、UFOではなく太平洋を縦断した縄文人の船ではないだろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像は『正統「竹内文書」の謎 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス) 』表紙より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る