ロシア連邦の大統領、かなり信憑性が高い宇宙人の拉致体験を暴露!





 なんと現役の政治家が宇宙人によって拉致された事件が発生している。

 2010年5月 イリュムジーノフ大統領がエイリアンによって拉致されたと告白した。大統領は、親日家であり熱烈なチェス愛好家でもあるが、とんでもない体験をしているのだ。

 1997年9月18日にモスクワのアパートのベランダに半透明のチューブ型UFOに乗ってエイリアンが現れたという。エイリアンは黄色い服を着ており、眠りかけていた氏をベランダまで呼び、テレパシーで話しかけたという。

 しかも、運転手、大臣、補佐官という3人の目撃者もおり、話そのものも信憑性がある。なおこの発言について、連邦議員のアンドレイ・レベデフ氏は仰天!!

 ロシア連邦のドミートリー・メドベージェフ大統領(当時)宛に、「国家機密をエイリアン側に漏洩した可能性がある」と文書報告した。これは現役政 治家の宇宙人拉致という珍しいケースである。




 この事件に関して気になるのが、2012年12月7日にメドベージェフ氏がリポーターに「地球外生物は地球を訪れているね。それだけじゃない。我々人類の中で既に生活している宇宙人もいる」とコメントした。

 このMIBを見ろと言ったのでジョークとして一部のマスコミでは報道されているが、実際にはロシアのかなり真面目?なドキュメント映画「MIB」を指したものであり、ハリウッド映画の「MIB」ではないという説がある。

関連動画
President Kirsan Ilyumzhinov tells of his Alien Abduction

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る