主婦の間で大激論!『泣くのが仕事プロジェクト』賛否両論、泣く子供をどうする?

 子供は泣くのが仕事とよく言われるが、場所を構わず電車の中や飛行機の中などで泣きまくることがある。

 当然周囲は大変迷惑するのだが、その時周りにいる人間が 『私は子育て中のパパ、ママを応援します』という意思表示をするステッカーを掲げるプロジェクトが話題になっている。




 それが『泣くのが仕事プロジェクト』である。

関連動画
「#泣くのが仕事」プロジェクト

 このプロジェクトにより、公共の場で泣いている子供をあやすパパやママに勇気を与えるという狙いがあるようた。

 周囲から孤立しがちな「泣いている子供」の親にとってはありがたいプロジェクトであるのと同時に、ギスギスしがちな現代社会への提言であるのも事実だ。

 このプロジェクトに関して様々な意見が噴出している。

 「素晴らしいプロジェクトだ。どんどん広げるべきた」
 「出されると余計にプレッシャーになる」
 「優しかった日本社会を取り戻そう」
 「一部の人が出しても、怒る人は怒る」
 「気持ち悪い人が出してきたり、子供を変な目で見ているのではないかと、うがってみてしまう」
 「あまり、浸透しないのでは?」




 一番の問題は、泣いている子供を周囲が許せない血が通ってない現代日本の気風ではないだろうか。

(中村 昭代 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る