彼女は死の前に何をしようとしていたのか?「エリサ・ラム事件」と防犯カメラ映像

下の動画は2013年に撮影された動画だ。

ホテルのエレベーターに設置されていた監視カメラが捉えていたものなのだが、エレベーターの外にいる女性の様子がおかしい。外に向けてぱたぱたと手を振り回すような動作をしたり、エレベーターの中に入ってからも何度もエレベーターのボタンを押しているが、ドアは閉まることもなく、また彼女も不自然にエレベーターの隅に身を寄せている。

やがて彼女がエレベーターから出て周囲を見回したり、出入りを繰り返す。やがて彼女が画面から見きれてしまうと、無人のエレベーターはドアが閉まって階を移動していく。

こちらは2013年1月に滞在していたホテルで謎めいた死を遂げた女学生エリサ・ラムの死ぬ前の様子を捉えた動画とされている。

彼女はアメリカはロサンゼルスのセシルホテルに滞在していたが、行方不明になり2週間後にホテルの貯水槽の中から遺体で見つかった。




のホテルには過去に1件の殺人、3件の自殺事件も起きており、いわくつきの場所でもあった上に、奇妙な行動をとっている動画が残されていたということで注目を集めたのだ。

だが、この動画に関しては懐疑的な見方が多い。

この動画はあえて逆再生したものであり、そのため写っている彼女の動きが奇妙に見えたのではないかとされているのだ。また、彼女には躁うつ病の症状があったこともあって、事故ないしは突発的な自殺だったのではないかと考えられた。

しかし、それだけでは説明のつかない点も幾つか出てきている。検死解剖の結果、麻薬やアルコールなどの薬品は検出されなかった。また、ホテルの貯水槽は警報装置付きの施錠されたドアを越えて屋上に出なければならず、よしんば屋上に行けたとしても貯水槽の中に入り込むには女性一人では難しかった事が判明している。




そのため、やはり彼女は何者かに命を狙われ、最終的には殺されたのではないかとする噂が流れた。

彼女の死因は、いまなお不明のままである。

関連動画
[EXCLUSIVE] – Canadian Tourist Elisa Lam, 21 years – Death in Water Tank.flv

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る