【動画】まだ明るい空に浮かぶ奇妙な菱形UFO!その驚愕の正体

11月、メキシコのハリスコ州サポパンにて、奇妙なUFOの姿が撮影された。

まだ明るい空には奇妙な形状の、まばゆく光る物体が浮かんでいる。それに向かってカメラをズームさせていくと、やがてそれが菱形の形状をしている謎の飛行物体であることが判明する。さらに特徴を確認するべく拡大していくと、それが多くのライトが菱形の配置になって点灯しているものである事が解るのだ。




これは、UFOの全面を覆うようにライトが配置されていたというのだろうか?それとも、実は無数の小型UFOが菱形に編隊飛行していたと言うことなのだろうか?

なお、地元では菱形ではなく十字架のような配置で出現しており、非常に神々しい姿であるとも言えるため、一種の奇跡ではないかとする人々も存在している。

だが、このUFOに関しては本当にUFOであったのか非常に疑わしいとする見方が強い。というのも、一時期UFO研究者らの間で話題になったUFOと形状が非常に似通っているからだ。

日本を含む世界各地で目撃されているもので、いずれも菱形の発光体であり、カメラが寄っていくとぼやけて消えてしまったり、複数のライトが菱形に配置されているように変形していくというものだ。

だが、このUFOは後に星や飛行機などのライトを撮影してしまっただけであるという事が判明している。菱形のような形状に見えたのは、ピントがずれて全体像がぼけてしまい、アイリス(カメラの絞り)の形状になってしまったものだと解ったのである。




恐らく、このメキシコのUFOも同様の現象によるものだと考えられている。

UFOを紹介する特番が合ったとしても、トリックや撮影ミスを検証する内容が放送されることはなかなかない。徹底的に検証してみるオカルト番組と言うのも面白い気がするのだが、やはり難しいものなのだろうか。

関連動画
Ovni estático en el cielo en Zapopan Jalisco

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る