【実話 怖い話】亡者を待つ老婆 (後編)

≪前編より続く≫

それから、半年ぐらい経ったであろうか。老婆はある夜、奇妙な声をあげた。

「帰って来たんだね、おまえ、帰ってきたんだね」

繰り返し泣き叫ぶ老婆。その狂態に驚いた武田さんは、改札を飛び出した。

すると、老婆は彼に微笑みかけた。

「ありがとね、武田さん。息子が、息子が帰ってきたんですよ」

「えええっ!」




驚愕する武田さんが見つめると、老婆の周りには黒い影法師がうごめていた。ぶよぶよとゴムのような漆黒の闇、黒塗りの人形のような存在がそこにある。

(なんだ、なんなんだ・・・)

不安に晒された武田さんが硬直したまま見つめていると、老婆と黒い影法師は寄り添いあいながら、駅前のカーブを曲がっていく。
今から一緒に自宅へと帰るのだろうか。

するとカーブミラーに黒い影法師の正体が映った。

それは、まるで枯れ木のように細長く引き延ばされた礫死体であった。手足はゴムのように伸び、内臓や目玉は飛び出ている。細く細く不自然に長い、かつて人間だったような物体が歩いていく。

「あああっ、あぐぐっ」

武田さんは、声にならない悲鳴をあげた。

口を開いたまま引き延ばされ、手足の関節は抜けて皮だけになって異常に伸びている。首の骨も完全に砕けて伸びきっている。

だが、表情は嬉しそうだ。その黒い礫死体は、老婆と幸せそうに抱き合って遠ざかって行った。

ぽつんと残された武田さん。




翌日、武田さんは先輩の職員から不思議な話を聞いた。

老婆の息子から会社を奪った男が、関西の某駅で車両に轢かれたというのだ。この町では、その男は立身出世の代名詞的存在であった。その彼が、突如事故に巻き込まれたのだ。

「なんせ妙な事件でな、単純に鉄道自殺とも言えんらしい。目撃者の話によると黒い影が男を包み込んで、ホーム下まで引きずり込んだって言うらしいな」

「ええ?」

「まあ、本当かどうかわからんがね」

先輩はまったく信じてない口振りであったが、武田さんは確信した。

(息子さんは、やっと復讐に成功したんだ)

会社を乗っ取った男は老婆の息子に呪い殺されたのだ。しかも、男が黒い影に引き込まれたホームは、かつて老婆の息子が鉄道自殺した場所であった。

やはり、会社を乗っ取った男は老婆の息子に引き込まれたのだろう。因果はめぐるのだ。

そして、その日の夕方、老婆が昨夜のうちに息を引き取った事を聞いた。

家族の人が改札まで、挨拶に来た。

「おばあちゃんが昨夜亡くなりました。最後に武田さんにありがとうって言ってましたよ」

この言葉を聞き、武田さんはなんともいえない気持ちになった。

(おばあちゃん、息子さんと一緒に逝けたよね)

武田さんは、悲しくて胸がちょっと苦しくなった、と同時におばあちゃんの笑顔が思い出された。

その後、武田さんは鉄道会社に就職し、この事件から25年後、職員として同じ駅に赴任した。武田さんには、今でも改札に立つあの日の老婆の姿が思い出されるのである。

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る