異星人の忘れモノ!?火星地表に置き去りにされたスニーカー

自然のいたずらか、それとも本当に宇宙人や地球外生命体が存在しているのか・・・。

火星では様々な奇妙なものの姿が探査機や探査衛星が撮影し、地球に送られてくる写真の中に写り込んでいることが判明し、報告されている。

今まででも本アトラスでは、火星探査機から送られてきた写真の中に写り込む宇宙人らしき姿やドーム状建築物、多脚機械のようなものの姿などを報告している

今回火星地表上で発見されたものはこちら、靴だ。




我々が普通に使うようなスニーカーに似た形の靴が片方だけ、クレーターの縁にちょこんと乗っている。まるで誰かがそこに脱ぎ捨てていったかのような、置き忘れていったかのような趣だ。

この靴について、海外のUFOファンからは「宇宙人の忘れ物か?」「過去に火星に住んでいた異星人が残していったものではないか」等、様々な意見が出てきている。年代物の靴であるという説は、この靴の全体が茶色くなってしまっており、デザインやカラーなどが判別のつきにくい状態になっているため、長年放置されて砂埃などにすっかり覆われてしまったためではないかというのだ。

しかし靴をよく見ると、周囲の岩や石と似た色をしているため、今回発見された靴は単純によく似た形の石ではないか、とする意見も存在している。

だが、火星表面ではまた別の靴らしき物体の姿が探査機から送られてきた画像の中に存在しているという意見もあり、単純に否定はできないとする見方もあるようだ。

果たして、この火星の「忘れ物」は誰のものなのか。これが本当に異星人のものだとしたら、面白いものではないだろうか。

(加藤文規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Alien shoe found on MARS – Weird News





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る