加熱する「真夏のポンタ総選挙」!あなたは幻の落語家「三遊亭ぽん太」を知っているか?




ローソンが中心となっているポイントサービス「Ponta(ポンタ)」が「真夏の総選挙」と題し様々なコスチュームを着たたぬきのキャラクター「ポンタ」の人気投票を行っている。

この選挙はTwitterと連動しており投票結果をシェアすると抽選で5名に10,000Pontaポイントがもらえるという。

多額のポイントがもらえることもありツイッターでは「ポンタ総選挙」がトレンド入りするなど盛り上がりを見せている。

そんななか、特に話題にはなっていないが「ポンタ」の豆知識をここで紹介したい。

日本の落語中興の祖で夏目漱石にも影響を与え、日本の文学界にも名の残る三遊亭圓朝。東京都台東区の圓朝の墓のとなりには「ぽん太」という名前の入った墓石が建てられているという。名前の響きから圓朝の飼っていたタヌキか犬と思われがちだが、実は圓朝の弟子のひとりが「三遊亭ぽん太」という名前で活動しており、この人物の墓だという。

身寄りがなかったため、墓を圓朝家の墓の隣に建てて師匠の三遊亭圓朝と共に眠っている。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る