貴乃花部屋の衰退は女郎置屋の呪いだったのか?





一時期大量の力士を抱え、王国とまで言われた貴乃花部屋であった。

だが、二代目貴乃花が継承した現在では、完全に衰退している。何人か優秀な若手を育成中であるが、親方の奮闘も空しく、番付の上位に上るものはいない。この貴乃花部屋の不運について、その場所の因縁を指摘する声は多い。

かつて貴乃花部屋のあった場所は、女郎の置屋であったという噂が広がっているのだ。

つまり、その場所に残る女の因縁により、貴乃花部屋には男女や肉親のトラブルが絶えないというのだ。好きな人と引き裂かれ、肉親とも別離させられた女郎たちの想いが男女問題や、肉親の相克という事態を生み出したのであろうか。




確かに、若貴の母親である藤田憲子さんは医者との不倫が噂され、結果的に先代・貴乃花とは別居に至っている。

またその先代・貴乃花も死ぬ直前、心を許した女性がいたという。他にも若乃花の女好きは言うまでもなく、貴乃花と宮沢りえの熱愛と破局はその典型的な例であった。

また、肉親同士の憎しみ合いも普通ではない。

両親の離婚はともかく、若貴兄弟の不仲は異常であり、貴乃花は兄を部屋の権利書を奪った窃盗犯扱いしている。整体師に洗脳されるぐらいだから、吹き込まれると信じてしまう性格なのかもしれない。

また、貴乃花と藤田憲子さんの関係も良好とは言えず、家族間の対立は見逃せない。

果たして、女郎の念が影響しているのかどうか。

※本連載は『フーミー』および『まぐまぐ』で毎週配信中の山口敏太郎メールマガジン『サイバーアトランティア』の傑作選です。
現在会員募集中なので気になった方はぜひ定期購読をお願いいたします。

【メルマガの登録はこちらまで】
フーミー:http://foomii.com/00015
まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001368191.html

貴乃花部屋





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る