女子高生が鉄塔に登って感電死!いじめ?自殺か?それとも度胸だめし?





2019年4月26日午後5時20分頃、宮崎県串間市西方にある高さ36メートルの送電鉄塔から14歳になる中学3年生が落下した。

女子中学生は市内の病院に緊急搬送されたが死亡が確認された。女子中学生の死因は転落死ではなく感電死であるという。

関連記事

【ミステリー】女子中学生がセーラー服残し、学校から逃走、飛び降りまで15分の謎






送電線の鉄塔は2メートルのフェンスに囲まれており、そのフェンスを乗り越えて女子中学生は侵入、鉄塔に上ったものとみられている。同級生の話によると学校からの帰宅途中、該当の女子中学生は「鉄塔に登る」と話していたという。

宮崎県警は、なぜ女子中学生が鉄塔の上に登ることになったのか、「何者かから登るように強制されたのか?」「女子中学生が自殺を試みて鉄塔に登ったのか?」「平成最後の度胸だめしだったのか?」慎重に捜査を進めている。

関連動画
女子中学生が感電死 送電線の鉄塔に登り約30m転落(19/04/27)






(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る