「スレンダーマン殺人事件」犯人の少女、精神医療施設からの釈放を求める

2000年代、海外のSNS上に突如として現れた不気味な都市伝説の怪人、スレンダーマン。スーツを着た異様に背の高いのっぺらぼうという姿をしており、遭遇した人を病気にさせたり、子供を拐うと言われていた。

実際には恐ろしげなCGコラージュ画像に過ぎなかったのだが、その後「実際に見た」という人が現れるようになり、海外発の現代妖怪としての地位を築いている。

だが、スレンダーマンの噂が加熱していくにつれ、悲劇的な事件も起きてしまった。

2014年、当時12歳だったアニッサ・ワイヤーとモーガン・ガイザーという二人の少女が小学6年生の同級生をウィスコンシン州の森林公園に誘い出し、ナイフで何度も刺して殺害するという事件が起きた。そして彼女らは「スレンダーマンに狙われてしまったため、スレンダーマンを慰めるために友人の血を捧げた」と証言した。




2018年、ガイザー被告は第一級故意殺人の罪を認め、ウィネベーゴ精神衛生研究所に送られ、そこで精神疾患を患っているとの診断が下された。一方、ヴァイアー被告も精神保健施設に送られたが、彼女は「公衆に対する脅威ではなくなった」という判断が下り、数年前に釈放されている。

報道によれば、現在21歳のゲイザー被告はウォーケシャ郡巡回判事のマイケル・ボーレン氏に条件付き釈放を求めており、4月に新たな審問が行われる予定だという。

彼女がこのような要求をするのは今回が2度目で、2022年にも同様の要求をしたが、わずか2ヵ月後に撤回されている。

今回の審問は4月10日から11日にかけて行われる予定。スレンダーマン殺人事件を起こした女性は釈放されるのか、今後の結果が気になるところだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Photo credit: malik.harem on VisualHunt

TOCANA関連記事
「スレンダーマン殺人事件」友人を襲撃した犯人の少女、精神医療施設からの釈放を求める

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る