【吉田沙保里 都市伝説】引退後は吉田監督誕生!投げられると幸せになる!?





オリンピックで3連覇を行い、女子レスリング最強の呼び声が高かった吉田沙保里が引退宣言をした。

2020年に東京オリンピックを控えている今、吉田の引退はとても残念であるが、パワハラ問題で引責辞任した栄和人監督の後を継いで、吉田監督が誕生するのではないかと噂が流れている。ものすごい運気を持っている吉田だけに、女子レスリングの総監督になった場合、日本の女子レスリングが世界を席巻する可能性がある。これは素直に期待したい。

関連動画
レスリング・吉田沙保里選手 引退会見ノーカット1(19/01/10)






吉田としては、自らが引退に追いやった山本聖子の弟子によって自分の連勝記録が絶たれたことに対するリベンジをもしかしたら考えているかもしれない。つまり、アメリカの女子レスリングチームへのリベンジマッチである。日米レスリングウォーズの開戦だ。

ちなみに彼女に関しては、あまりにも強すぎたため、数々の都市伝説が囁かれているようだ。

中国のレスリング業界では、吉田があまりにも強すぎてこんなアダ名もつけられていた。「絶望」。つまり、対戦相手は絶望するしかないと言うわけだ。




また、吉田は相手がルックスのかわいい選手だと必要以上に燃えると言う。このへんが恐れられた理由の1つである。と同時に、背筋力200でアイドル的な女子レスラーをブン投げてしまうのだから世界が震撼したのも無理は無い。

また彼女がオリンピックの監督に向いているのは、「生き神さま」だからである。吉田に投げられた人間は幸せになれると言う都市伝説があり、2007年に『首投げ』で投げられた栄監督はその後12歳年下の元教え子と結婚し、『飛行機投げ』で投げてもらったタレント・佐藤ありさは、その後連続ドラマの仕事が決まったといわれている。

開運を招くほどの強さ、それが吉田の神がかった都市伝説である。ぜひとも吉田総監督の勇姿を見てみたい、というのは筆者だけではあるまい。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『強く、潔く。 夢を実現するために私が続けていること

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る