市川駅で二件、新小岩駅でまた飛び込み事故!再び囁かれる呪いの伝説





2018年10月総武線の雰囲気が少しおかしい 。

10月3日19時38分総武線快速に向かって市川駅で乗客が飛び込み自殺を行った。それから数時間後の10月4日朝6時58分頃、また再び市川駅で乗客の線路への落下事故が発生した。

さらに10月4日午後8時44分ころ、新小岩駅で乗客が列車に飛び込む事故が発生した。

関連記事
JR都市伝説、中央線の呪いを引き起こした死神が新小岩駅に移動!?
10月7日JR新小岩駅で飛び込み自殺発生!2ちゃんねるで予告!?




アトラスでもすでに報じたように新小岩駅は呪われた駅であると言う噂が立っていた。相次ぐ飛び込み事故の対策として特急が通るホームにはフェンスが設けられたものの、各駅停車にはまだフェンスがついていなかった。

亡くなった人のご冥福をお祈りしたい。

沿線の住民としては、総武線全体に漂う異様なムードに嫌な予感がする。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る