【バスト都市伝説】大きさの嗜好からわかる性格とは?

5月11日、深夜twitterに突如「Aカップ」「Bカップ」「Cカップ」「Dカップ」「Eカップ」まで女性のバストサイズがトレンドが発生。




これは「診断メーカー」というアプリの「あなたに彼女ができたー」というサービスで名前を入力すると、年齢・身長・性格・容姿などが表示され、そのなかにバストのサイズも表示されるのだ。

サイズは確認した限り、禁断の「Zカップ」まであるようで、twitter上で大いに盛り上がっていたようだ。

「Zカップ」というのは一見、冗談にも見えるが、実は存在しておりドイツのグラビアモデル、メイラ・ヒルズさんが豊胸手術を行い、人類史上初のZカップのバストを手に入れた記録が残っている。

もともとは、Bカップだったがグラビアモデルとして話題を集めるために豊胸手術を行ったそうだ。

こちらのケースは、人為的に胸を大きくしたので当てはまらないが、古くから女性のカップ数およびそれを好む男性の嗜好には本人の性格と親密な関係があるとされ、一種の都市伝説として語り継がれている。




・Aカップが好きな男性・・・普段は強気だが弱い面を隠している。子供の反抗期に近く、母親や異性に対して強いコンプレックスを抱いているケースが多い。

・Bカップが好きな男性・・・性格はAカップに近いが異性に対してはオープン。乳の形よりも乳首にこだわりを見せる人が多く「おっぱいフェチ」はBカップを好む傾向にあるという。

・Cカップが好きな男性・・・現状維持や安定志向を目指す慎重な男性が多い。いわゆる草食系男子はCカップを好むとされている。

・Dカップが好きな男性・・・女性に母性を求める男性が多い。男性の好みとしては割合が一番多く、年上の女性や面倒を見てくれる女性がタイプ。

・Eカップがすきな男性・・・いわゆる「グラマー好き」とされる。女性に対し「こうあるべき」という気持ちが強く出るため基本的に亭主関白になりやすい性格とされる。

・Fカップ以上・・・Fカップ以上の女性は割合としてあまり多くないため夢見がちな男性が多いとされている。

余談であるが、本記事を担当したライターも「あなたに彼女ができたー」を試したところ、年齢「16歳」身長「150cm」バスト「Eカップ」という数値が出た。

このような事は空想でも最高のシチュエーションであるが、我に返って「こんな女性いるか!」と突っ込んでおきたいと思う。

(大森エビフライ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

イメージ画像©PIXABAY





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る