UFOか、それとも飛行機か・・・謎の飛行物体の正体を追え!

先日、本アトラスでは「螺旋状の飛行機雲を残しながら飛ぶUFO」について報告した。

問題の動画はイギリスのバックス・ハイウィコムにて撮影されたもので、白い発光物体が2筋の螺旋状の短い飛行機雲を残しながら上下にジグザグ飛行する様子が捉えられていた。

このUFOについて、アトラスの読者からも曲技飛行するラジコン飛行機だったのではないかとする意見が寄せられていた。




関連動画
Shocking moment ‘UFO’ spotted hovering near High Wycombe RAF base – Daily Mail

実際、撮影現場の近くにはイギリス空軍関連のHQ Air CommandとEuropean Air Groupが存在している。

しかし地元の人々は、このような曲技飛行の様子は見たことがないと述べており、第一発見者である撮影者も「初めは流星かと思った。尾の部分も含めて全体が光っているように見えたから」と語っている。

動画にはうまく捉えることが出来なかったが、雲の内部が光って周囲に赤い火花や電気が飛んでいるように見えたという。また、この物体は1つではなく2つに分かれており、一緒になって飛んでいたと主張している。




このため、問題のUFOについて球電や何らかの軍事試験、電気雲など様々な説が出てきている。

あれから同じようなものは一度も目撃されていないそうだが、この飛行物体の正体は何なのか、多くの人々が注目しているという。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©LUCAS BUDEL Daily Mail YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る