【実話怪談】深夜の郵便配達 その壱





平成のはじめごろの話である。

女性のYさんは当時、ある会社で事務職として働いていた。当時のYさんはアパートで一人暮らしをしたいたが、会社まで30分ほどの場所にあり、非常に住みやすいアパートであったという。

部屋に対する何の不満もなく生活をしていたYさんだが、ある日を境に不気味な現象に襲われるようになった。

ある日の深夜、Yさんは夜更かしをして3時頃まで起きていた。そろそろ寝ようかと思っていると、廊下で誰かが走っているような物音が聞こえてきた。

「たったったったったっ」

最初は住人が帰って来たのかと思ったが、こんな時間に走っているのは変だった。

注意深く聞き耳をたてていると、その足音はYさんの部屋の前でぴたりと止んだ。もちろんこんな時間に誰かがやってくる予定もなかった。




数秒感の沈黙のあと、かすれたような声が聞こえてきた。

「ゆうびんです」

同時に何かを置くような音がした。

「どさっ」

何を置いたのかはわからないが結構な重さがありそうな音だった。

こんな時間に郵便の配達などあるわけがなかった。Yさんは怖さのあまり、何が届けられたのか確認してみることは出来なかった。

(※続く)

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る