南極の地下に大規模「重力異常」を検出!次元の歪みなのか?それともUFO?

本アトラスでも度々取り上げているが、南極には厚い氷の下に謎の基地や巨大な洞窟のようなものが存在する事が確認されている。それらの一部はGoogle Earthなどでも確認できるが、自然物か人工物か、人工物であるとしたら果たして何のために造られたのかなど、全てが不明なものばかりである。

そんな南極で謎の現象が確認されて話題になっている。オハイオ州立大学の科学者チームが、NASAのGRACE衛星を使って、南極大陸のウィルクスランドと呼ばれる地域で謎の「重力異常」を発見したのである。

関連動画
Massive object hidden under Antarctic ice could be a secret Nazi UFO base, conspiracy theorists clai





この異常は2006年に初めて検出されたもので、厚い氷の下に肉眼では確認できない「何か」が存在しており、その物体のせいで重力異常が検出されているのだという。

この重力異常について、研究者からは巨大な隕石が厚い氷と地盤の下に埋まっている可能性について述べている。もしこの仮説が正しかったならば、2500万年前のペルム紀 – トライアス紀に発生した地球の海洋生物の96%と陸上脊椎動物の70%を一掃する規模となった絶滅を説明することができるとしている。




一方で、この重力異常は雪山の中に異次元への歪みやUFOの基地があるからだと主張する人々も存在している。民間のUFO研究グループでUFO関連の動画を紹介しているSecure Team 10によれば、この重力異常が起きている箇所は山の側面に存在し、皿のような形状になっているため、「南極に逃亡したナチス残党がUFOを作っていた」という陰謀論と合わせて「南極地下に存在するUFO基地の証拠」だとする仰天の説を唱えている。

他にも、ワープを可能とする別次元への歪み、ワームホールの可能性が高い場所であるとか、1940年代にアメリカ海軍が南極大陸にて行った数多くの任務はこの場所を特定し「ハイジャンプ計画」に用いるためだった!?とする説も出てきている。
果たして、南極の氷の下には何が埋まっているのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©secureteam10 YouTube

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る