「ALWAYS ~」人気俳優、須賀健太はいつまでも子供扱いされるのが悩み!?





大ヒット映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で人気を博した子役の須賀健太。同シリーズのパート1とパート2では、身長がかなり伸びてしまい大変苦労したという。

作品中では数ヶ月しか経っていない設定なのだが、リアルな年月では、数年のブランクがあったからである。

現在の須賀は23歳となり立派な成人だが、ある悩みがあるという。

2018年1月11日、フジテレビ系列で放送された「ノンストップ!」にて須賀本人から披露された話を紹介しよう。

それはいつまで経っても、子役のイメージが強く、高校生になっても周囲からは最新作の感想を言ってもらえずに、小学生時代の作品ばっかり言われる事が悩みであったという。




差し入れも子供向けのお菓子が今だに多いらしいのだ。ビックリマンチョコとか、おもちゃやシールが付いているお菓子などが数多く差し入れされるという。

飲み屋さんに入って、ビールを注文すると店員さんも一瞬、「えっ?」というような顔される。実は生ビールが大好きなのに、これは辛いと言う。

きっと子役のイメージから抜け出すことにより、俳優・須賀健太は一段階上にのぼることが出来るのではないだろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『須賀健太ファースト写真集 SUGA。-素顔-

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る